永六輔様の死亡と「仰げば尊し」のキャリア

永六輔氏の訃報に接したとき、私の胸に最初に去来したのは「これで『親仁御三家』の三個人が全般逝ってしまったなぁ」という感慨だった。しかしとことん考えれば、野坂昭如氏、小沢昭一氏とトリオを組んでテレビジョン登場したり武道館でパフォーマンスをしたりといったことは、永氏の生前の行為の中ではごく一部を占めるに過ぎない売り物だったに幅ない。実際に自分は、それ以前にも「冒頭を向いて歩こう」にリーダーされるような中村八大氏とのコンビネーションによる数々のヒット曲で永氏の力作には親しんでいたし、小学校だった辺りの私の出来事の中では、当時の世間の模様と永氏の行動とは分かちがたく結び付いていたのである。したがって、高校生を卒業して浪人中央だった自分には、「親仁御三家」の露出は永氏との再会という要項が強かった。そういう自分が永氏のセミナーに出席したのは、1990クラスの末日にアメリカの駐在員をしていたときだった。シカゴに伸長やる日系コーポレイトシステムで構成されているシカゴ和風商工会合所は、歳に一括払い和風からスターを招待してセミナーを行なっていた。6年間の投宿歳月のひとついつの状況だったか私の出来事が定かではないが、永氏が識者としてそのセミナーに招かれた歳があったのだ。やはり、永氏のことだからチャットの組み立ても面白かったが、訊くやつを惹き込んでいくような巧みな話法に自分は皆目感心してしまったことを覚えている。そして、自分にとって断然強く空気に残っているのは、解説の締め括りとして「みんなで起立して『仰げば尊し』を歌いましょう」と永氏に促されるままに、お客様がみんなで「仰げば尊し」を歌ったことである。和風から遠く離れた外国の地点で伴奏無しに斉唱されたその歌は、なんだか私たちの心に漏れるように響いたのである。自分はそのとき脳裏が浄化されたように感じた。ミュゼ vio 料金

友達と久しぶりに再会♪ごはんに出かけました

お年を重ねて出向く毎に近くを仕立てるって難しくなってくるよね。

任務での延長で飲みに行ったり ごはん食べたり、っていうのはあるけれど
プライベートで
一緒にどこかにプレイに行ったり、っていうのは
ホント少なくなって来る。

そんな中、趣味がきっかけで話をするようになって
一緒にでかけたり、色んな話をする近くが出来たのだ。

必ずこの友達って大切だと想う。

有難う。

いいえ〜〜それでも数ヶ月風だったので
とっくに、巡り合うやいなや

発言があれもこれもと
お互いに(笑)

せっかくディナーにいうけれど
摂るより、話すお客様にお互い下部になっちゃって(笑)

現況から、不安、趣味の発言、先方の発言、色恋の発言、ウワサ発言
書き切れない〜〜〜

気がつけばディナーの時間はもう過ぎて、お店舗はディナーに入ろうとしてた(苦笑い)
でも、お店舗の顧客はそっとしておいてくれて
その気配りが嬉しかったなー

お互い色んな困難は持ち合わせるけれど
前向きにがんばろうね、って常に奮い起こし合ってさようならするから
お互いにダメージも溜まらないんだよね。

ありがたや〜〜〜〜なワンデイでした。エピレ 全身

ポテトサラダが憧れ通り抜ける世帯からの要請

2お日様連続でポテトサラダを作りました。じゃがいもがたくさんある事例、うちは絶対にポテトサラダを作ります。身は日常なのですが所帯の大大好きなのです。此度もたくさんのじゃがいもがあったので、誰に確認することもなくポテトサラダを作るのは確定されていました。でもさすがにこういうじゃがいも全部使うのは増すぎだろうという数量だったので、半分だけ用いました。それでも身は創りすぎたかなと思ったんですけどきれいに無くなっていました。
そして今日ですよ。これといったじゃがいも食事が思い浮かばなかったので母さんに何が食べたいか聞いてみました。すると調節がちに「あのーポテトサラダ作ってほしいなー」と言ってきました。二お日様持続だけど良いの?と聞き返しましたが作ってほしいとのことでした。
コチラとしてはポテトサラダだけを大量に見つけるのはどうかなと思い気を利かせてたんですが、普通残りのじゃがいもも一部始終ポテトサラダになりました。もちろん今日もきれいに完食だ。脱毛ラボ 12箇所

2フロアの相部屋にて〜猛攻が過ぎ去ったあとの静けさ〜

「お前達、来てすぐさまやけに盛り上がってたみたいだけど」
 二階の相部屋では一人だけ会合に参加していなかったM・Tが相変わらずの呆れ顔で言った。
「お前も参加すれば良かったのに。各週月曜日だけ菓子のお日様になったから食べたきゃ食べて素晴らしいぞ」
 M・Tは侘しい性能にこちらを巻き込むなと言わんばかりの高慢ちきな面持で首を側に振り続けた。気付けば二十三瞬間をすでに回っている。こんな心中落ち着きではないM・Tとは裏腹に、入門初日にして道場の食べ物改悪法案を押し通した面々はどっか気持ち良い顔立ちになっている。
「いつまで不貞腐れてるんだよM・T。ひょっとしたらお前、果物のほうが好きなのか?」
 N・Tが風貌を顰めた。
「特別不貞腐れてるわけじゃないけどさ。やたら塩梅に乗らない方がいいんじゃないのか?」
 M・Tは目を合わさずに頭からすっぽりと布団を被ったとおり続けた。
「これからのお前達の対応進行じゃ隔週とかに至るかもよ」
「お前、テンポ悪くなったな。お前もしかしていまだに親父氏——」
 N・Tが試合の火種に変わるようなことを口走りそうになった辺りで俺は割って入った。
「いいよN・T。元々は俺が勝手に進言したことだから」
「ま、更に良いけど」
 一先ずM・Tは放っておくことにした。お金 借りる